IT業界で女性SEが働くメリット

最近のIT業界では、女性SEの活躍が目立っています。
その理由の1つは、給料が高いというメリットがあるためです。
女性が就きやすい一般事務の月給は20万円前後ですが、SEであれば月給が30万円以上になることも珍しくありません。
勤続年数や実績により変動する可能性はありますが、それでも女性SEは給料面で恵まれていると言って良いでしょう。

また、SEは他の職種に比べると、男女平等に評価してもらえることもメリットです。
裏を返せば、男性SEと同じレベルのスキルが求められ、仕事も忙しくなりやすいということでもあります。
その分昇進や昇給を目指せるチャンスも増えるため、バリバリ働きたい女性にとってSEはピッタリの職種です。

そしてもう1つのメリットは、スキルが身につくということです。
プログラミング能力やアプリケーションの知識など、SEの仕事では専門的なスキルが求められます。
そのため、一般事務や営業に比べてSEは専門性が高く、手に職をつけることができます。
また、仕事に取り組む中でスキルも向上するため、より難しい仕事にチャレンジしたり、上司から高評価をもらう機会も増えます。

さらに、手に職をつければ、再就職しやすくなることも大きなメリットです。
特に女性の場合出産や育児といった大きなイベントもあるため、一時的に仕事から離れなければならない可能性があります。
しかし、SEとして専門スキルを身につけておけば再就職にも役立つため、スムーズに復帰することが可能です。

このようなメリットを得ながら女性SEとして実際に働くためのヒントは、「女性にオススメの職業-SE」の中で見つけることができます。